会社概要・沿革会社情報

会社概要

名称 レーザージョブ株式会社/LASER JOB INC.
所在地 埼玉県戸田市美女木北2-3-12
業種 レーザー加工業
事業内容 微細精密レーザー加工全般
設立 1974年1月
創業 1987年9月
資本金 4000万円
従業員数 38名

沿革

1987昭和62年
  • レーザージョブ株式会社 創業

    埼玉県戸田市下前にてセラミックスへのレーザー加工を開始

    旧下前工場

    セラミックス加工用CO2レーザー加工機

    最新の印刷技術として普及が始まっていたサーマルプリンターのセラミックスヘッドの加工からわたしたちのレーザー加工事業がスタートしました。
    その後各種セラミックスプリント配線板、パワー半導体、放熱板などにセラミックス加工の範囲を広げてまいりました。
    これらセラミックスを用いた電子部品は現在でも最先端の自動車用部品や各種センサー類、通信基地局などに利用されております。

1993平成5年
  • 戸田市美女木に移転(旧美女木工場へ)

    旧美女木工場と創業者

1997平成9年
  • プリント配線板へのレーザー加工を開始

    戸田市笹目に工場増設(旧笹目工場・旧美女木工場と2工場体制)

    プリント配線板用レーザー加工機

    旧笹目工場

    創業から約10年後、当時最先端技術として登場してきたビルドアッププリント配線板へのレーザー微細加工事業を開始しました。
    これらビルドアッププリント配線板は最新のデジタルカメラや携帯電話などに次々と採用され、現在では最新のスマートフォンのセンサー類、通信モジュール類、カメラモジュール類などに利用されています。

1999平成11年
  • 品質マネジメントシステム ISO9002認証取得

    (2002年 ISO9001 2000年版に移行/2017年 ISO9001 2015年版に移行)

    ますます高まっていく品質向上へのご要請に対応し、国際的な品質マネジメント規格であるISO9002の認証を取得しました。

2000平成12年
  • 戸田市美女木に本社工場が竣工

    旧美女木工場・旧笹目工場の2工場を統合し、1工場体制へ

    セラミックス加工工場

    プリント配線板加工工場

2006平成18年
  • プローブカードへのレーザー加工に向け微細化・高精度化 研究開発開始

2007平成19年
  • 環境マネジメントシステム ISO14001認証取得

    (2017年 ISO14001 2015年版に移行)

    ますます高まっていく環境保全への社会的な要請に対応し、国際的な環境マネジメント規格であるISO14001の認証を取得しました。

  • 第3回渋沢栄一ベンチャードリーム賞 優秀賞受賞

    埼玉県より、わたしたちのレーザーソリューションビジネスとその起業家精神をご評価いただき、県出身の偉人、近代日本の産業経済の礎を築いた渋沢栄一翁にちなんで表彰いただきました。

2008平成20年
  • 彩の国工場 認定(埼玉県)

2009平成21年
  • プローブカードへのレーザー加工事業化トライアルを実施

2010平成22年
  • プローブカードへのレーザー加工事業を開始

    海外のお客さまからのお問い合わせから実際のプローブカード加工事業が始まりました。
    現在では海外だけでなく日本国内からもたくさんのご注文をいただき、最先端の半導体生産の一翼を担っております。

2013平成25年
  • プローブカードレーザー加工のスループット向上トライアルを実施

2016平成28年
  • 経営力向上計画 認定(中小企業庁)

  • プローブカードレーザー加工の高精度化に挑戦

2018平成30年
  • プローブカードレーザー加工の超高精度化に挑戦

2019令和元年
  • プローブカードレーザー加工のさらなるスループット向上トライアルを実施